「KYOTO STEAM」が生み出したコト

「Photo:Mugyuda Hyogo」

芸術家の川松さんと本チームとのコラボレーションから、ユニークな作品が生み出されました。
今回「アイデンティティ」をテーマに、全体から切り取って分解する科学的アプローチと対象の内部に入り込んで内側から眺める芸術的アプローチの融合により、ある植物学者の妄想を主軸とした物語が紡ぎ出され、インスタレーションにより表現されました。


「Photo:Mugyuda Hyogo」

サイエンスとアートの融合というと、科学者が何らかのモノを提供して芸術家がそれを使って作品にするというスタイルが多いのですが、今回のコラボレーションは制作期間の半分以上を芸術と科学の背景にあるコトの議論に費やし、新しいタイプの融合作品になりました。
事務局の担当者からは「新しいコラボレーションの形であり、真にユニークな作品である」、美術館館長からは「アートと産業や研究がお互いに寄与し合い、その運動が持続し加速していくことが理想である。(略)上記の関係の構築の困難を糊塗することなく、その困難さに誠実に向き合ったところがすばらしかった。」とご講評をいただきました。
今回の作品の紹介とともに芸術家の川松さんと本チームの市橋の対談が動画になりました:
https://youtu.be/uq6zq6Ked2g

チームリーダー
市橋 泰範
Yasunori Ichihashi

松本理事長がBRCに訪問されました

本日3/1に理研の松本理事長がバイオリソース研究センターに訪問されました。
実際に対面でお話できる機会は3度目でした。私が筑波に着任したとき、歴史に残る研究に全力投球するようにとご助言をいただきました。今でも常に意識している言葉です。
今回は自身の研究の世界的な位置付けや人類社会への貢献について語れるように、幅広い分野へと視野を広げることを大切にしてほしいと言われました。心に響く言葉でした。

理事長ご訪問

チームリーダー
市橋 泰範
Yasunori Ichihashi

第二回植物微生物シンバイオロジー協議会シンポジウム「植物微生物×オミクス」を開催しました

植物微生物シンバオロジー協議会にて、第二回植物微生物シンバイオロジー協議会シンポジウム「植物微生物×オミクス」をオンライン開催しました。

【プログラム】
13:30-13:35 開会の挨拶(理化学研究所 環境資源科学研究所センター・白須賢 副センター長)
13:35-14:05 【将来ビジョン】(東京大学・岩田洋佳 准教授)
14:05-14:25 【最先端研究】(京都大学・杉山暁史 准教授)
14:25-14:45 【最先端研究】(早稲田大学・細川正人 准教授)
14:45-15:00 休憩
15:00-15:30 【活動紹介】(農水省土づくりコンソーシアム・大倉一樹 課長)
15:30-15:50 【技術紹介】(株式会社生物技研・中野江一郎 代表取締役)
15:50-16:25 総合討論
16:25-16:30 閉会の挨拶(株式会社 前川総合研究所・篠崎聡 代表取締役)

【総合討論】

市橋:東大・岩田先生から、育種分野とマイクロバイオームを含む栽培分野を融合させるビジョンが示された。京大・杉山先生からマイクロバイオーム解析から有用微生物が単離された実学に近いケーススタディが示された。さらに早大・細川先生からシングルゲノミクス、生物技研・中野さんからロングリードについて、現行のマイクロバイオーム技術を凌駕する最先端技術が紹介された。農水省・大倉さんから日本の農業現場の現状と国の取り組み、土壌の生物性評価としてマイクロバイオーム等の解析が注目されていることが示された。以上のように、オミクスの情報から高解像度な情報が得られ、社会実装への期待感はある。しかし実際は課題が多くあるので、まだ実用化に至っていない。一方でアメリカはすでにマイクロバイオームでの土壌診断が行われ、ゲノム情報から新しい有用微生物を単離してシードコーティングして販売するといった種苗会社もある。日本の良さや期待感もあるなか、日本では今後どのような課題があるか?
岩田:データ解析をするためのリテラシーをあげていくことが重要。データ科学の単なるユーザーでなく、積極的にコミットしていくことが有意義である。
市橋:情報リテラシーを高めるために何が足りないか?仕組み上なのか、個人レベルの意識の問題なのか。
岩崎:両方わかる人材が必要だと言われ続けてきて、徐々に変わり始めている。多くの大学で情報系の研究を行うラボが増えてきた。
岩田:ネットで調べればデータ科学の技術が簡単に使えるようになり、浸透してきた。一方で、データ基盤のようなものがすごく強いわけではないので、そのあたりもやっていかなければならない。
市橋:COP15では遺伝資源のデジタル配列情報利用から得られる利益の国際的な配分について議論されているので、今後注目していくべき。
白須:細川先生のbitBiome社のように、ベンチャー企業がリードして、学生が興味を持ち、就職先があるということは大きい。一方で、日本では土壌微生物の確保がまだ弱い。杉山先生のように特定の微生物を取りに行くという方法論は成功しているが、海外のベンチャー企業では、大規模な微生物の確保とスクリーニングにより商品にしている。日本はその部分がまだ弱いし、一大学や研究機関が担当するのも厳しい。そのため、旧来の方法論ではなく、土壌やドロップレットとして微生物を集団で確保するなどの別次元の微生物保存の方向性が出てくると良いと思う。加えて分離した微生物集団から欲しい微生物だけを取り出す技術などをゲノム情報を利用した形で開発していく必要がある。
細川:微生物を単離して保存するという方法では限界があるので、微生物集団として保管するやり方や、管理制御する部分に新しいブレイクスルーが必要。新しいアイデアを出していきたい。
齋藤:農水省では過去にeDNAプロジェクトが実施され、現在はSIPやムーンショットで大規模にデータ取得がされている。そこでは、DNA等のオミクスデータとともに、いかに栽培関連のメタデータをセットで揃えてくるかが重要であり、土壌生物性の評価をどのように栽培の場面につなげていくか課題。新しい発想で切り込んでくれる人が、実際に農業現場で栽培している経験者と一緒に仕事をすることが必要。
南澤:土壌微生物の多様性の高さは常々指摘されてきた。ドロップレットの中で数回細胞分裂させた後に2つに分けて、1つは保存、1つはシーケンス…という技術ができると破壊的。また土壌微生物学の最大の弱点は「モノの流れ」を捉えられていないこと。農業は生産物をつくるプロセスであり、そこでは元素の流れがある。海外では成果が出やすい微生物の単離を大規模に進めているが、急がば回れで「モノの流れ」を捉えていくべきではないか。またオミクス研究をしているつもりが、いつの間にか一つの菌と一つの植物の相互作用になり、従来の研究の延長線をただオミクスを使ってやっているだけになってしまう。そのギャップが解けない理由として「モノの流れ」が分かっていないことがあり、「モノの流れ」を相互作用のサイエンスに結合できれば鬼に金棒。さいごに、社会実装は重要。科学者として世の中の人に役立つものを出していく努力が必要。本気でやって、国民に説明していかなければならない。
野村:微生物は共存する他個体や生育する環境によって個性が変わるため、「並び」が重要。そのため、対象から切り出さずに、なるべく対象のままを見ることが必要で、多様なイメージング技術を利用している。スマホにレーザーを搭載して土壌をリアルタイムにモニタリングすることは絵空事ではない。日本の農業現場の人たちにとって、土壌データが収益に直結しないと興味が示さないだろう。また現在では、短期的な収益だけでなく持続的な収益が着目されているため、気象条件をふまえた土壌分析、その土壌に合った作物のシミュレーション、病害が起きるリスク予測など、サイエンスに基づいた技術開発が大切。若手研究者用のグラント・ACT-X「環境とバイオテクノロジー」を進めており、研究費支援に加えて、アドバイザーと密に意見交換ができるヴァーチャルラボを構築している。
ぜひ多数の募集を:https://www.jst.go.jp/kisoken/act-x/research_area/ongoing/bunya2020-2.html
有江:農水省ではeDNAプロジェクトから続けて、ヘソディム、AIを活用した土壌病害診断技術開発のプロジェクトを実施しており、土壌の性状から病害の発生しやすさを高い確度で予測できる。WAGRIを介してオープンになる予定なので、横のつながりを構築してもらいたい。また従来は有用微生物の選抜が主流であるが、微生物の育種も必要。ここ20年で生物農薬の出荷額は1%ほどで、有機農業や特別栽培の農家に依存した販路のため、より良い処理方法や菌株の発見が必要。
二瓶:窒素の持続可能な利用について栽培法のみでは限界があり、微生物利用に期待。
倉田:16S rRNA遺伝子解析だけで微生物を十分に分類できるか気がかりだったが、最先端技術で解消されて嬉しく思う。一方で、解析した情報が蓄積しても、実際に土壌に適用する方策がまだ見えない。重要な微生物を単離・培養して接種するだけでは問題が解決しない。ましてや土壌微生物の場合は単離・培養できるのは極めて少ないので現実的ではない。微生物を土壌に適用する方法の確立が最も重要。微生物集団として活用する際の方法論も考えると良い。
篠崎:2年前に20名ほどからスタートして今は240名を超える参加者になった。他にはない幅広い分野の方々が集まっていただいたのが本協議会の特徴の一つであり、幅広い分野を横断でできる研究開発につなげたい。農水省みどりの食料システム戦略にはチャレンジできる課題が多数ある。コンソーシアムを組みながら研究開発を続けられる仕組みを作りたい。化学肥料を減らす等の環境問題と収量を確保することのバランスは難しいが不可能ではない。最先端技術で見える化した後にどうソリューションに繋げるかが重要であり、民間企業の仕事でもある。研究開発をしながら産官学連携が必要。

以上、聴講いただいた方からぜひ今回の議論に関係する情報提供をいただけると幸いです。本協議会では定期的にシンポジウムを開催する予定ですが、シンポジウム外でもディスカッションしたいという声があればお問い合わせください。

チームリーダー
市橋 泰範
Yasunori Ichihashi

チームリーダーがジョイントシンポジウム“植物を「観る」から農作物を「みる」へ“へ参加します

宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター(C-Bio)と理化学研究所 環境資源科学研究センター(CSRS)は、2021年4月に連携協定を締結しました。
これを記念して、キックオフミーティングが下記の通り開催されます。

宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター
理化学研究所 環境資源科学研究センター
ジョイントシンポジウム “植物を「観る」から農作物を「みる」へ”

日時:2022年3月2日(水)13:00〜17:45
開催形式:オンライン(Zoom Webinar)

ジョイントシンポジウムのウェブサイトはこちら:
http://www.csrs.riken.jp/jp/joint-symposium/

アシスタント
南部 真夕
Mayu Nanbu

KYOTO STEAMで当チームとコラボレーションするアーティスト川松康徳さんのインタビュー記事が美術手帖のweb版に掲載されました

記憶の再編によるアイデンティティの分有によって「他者の中に開かれる自己」をテーマに制作する川松さんと市橋チームリーダーが何度となく対話を重ねて制作された作品が、来年1月末より京都市京セラ美術館で展示されます。
植物セラピーを受ける植物学者のインスタレーションを作品として発表される予定です。

美術手帖のウェブサイトはこちら:
https://bijutsutecho.com/magazine/interview/promotion/24952

サポートスタッフ
久野 智美
Satomi Kuno

AMeeT(アミート)にアーティストの川松康徳氏と、当チームリーダー市橋泰範とのインタビューが記載されました

AMeeT(アミート)とは「Art Meets Technology」をコンセプトとし、一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団が発行・運営するWebマガジンです。
アート×サイエンス・テクノロジーをテーマにした文化・芸術のフェスティバル「KYOTO STEAM-世界文化交流祭-」のコアプログラムである「KYOTO STEAM 2022 国際アートコンペティション」アートとサイエンス・テクノロジーのコラボレーションに当チームが参加させていただきます。
どのような芸術作品になるのか期待が高まります。

AMeeTのウェブサイトはこちら:
https://www.ameet.jp/digital-imaging/3683/

サポートスタッフ
久野 智美
Satomi Kuno

チームリーダーがシスメックスとの技術交流会に参加しました

理化学研究所は、医療検査機器の国内メーカーであるシスメックスとの共創契約を始めています。
理研との共創契約のプレス発表(2020年1月30日)
https://www.sysmex.co.jp/news/2020/200130.html
この枠組みからシスメックスと理研の技術交流会が11月に開催されました。この技術交流会では、シスメックスの開発者と理研のメディカル系の研究者・技術者が参加し、研究内容などのプレゼン交流、グループ討論を行って、技術マッチングや企業の開発マインドと理研の研究マインドの情報が共有されました。当チームの市橋は農学分野での研究開発を紹介する特別講演のスピーカーとして参加しました。
シスメックス・理研の若手研究者との交流から、医療と農学をつなぐ新たな研究領域を予感でき、有意義な時間を過ごすことができました。

チームリーダー
市橋 泰範
Yasunori Ichihashi

ダイズ市場勉強会を開催します

ムーンショット型農林水産研究開発事業にて、下記のとおりダイズ市場動向に関するシンポジウムをハイブリッド形式にて開催いたします。

日時:2021年12月27日(月) 13:00-17:00
場所:理化学研究所バイオリソース研究センター森脇ホール・zoom (ハイブリッド形式)

プログラム:
13:00-13:15  開催趣旨説明/市橋泰範(理化学研究所)
13:15-14:45  大豆作における技術・経営・流通・消費・制度・政策について/田口光弘先生(農研機構)
14:45-15:00  休憩
15:00-16:30  総合討論/アドバイザー 則藤孝志先生(福島大学)・河野恵伸先生(福島大学)
16:30-16:45  総括/二瓶直登先生(福島大学)
16:45-17:00  フリーディスカッション・閉会

参加申込みはこちらからお願いいたします。

アシスタント
南部 真夕
Mayu Nanbu

「KYOTO STEAM 2022 国際アートコンペティション」STEAM Dialogue動画公開

BRC植物-微生物共生研究開発チームが、KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会が主催する「KYOTO STEAM2022 国際アートコンペティション」に参画することになりました。
本コンペティションは、アーティストと企業・研究機関等がコラボレーション制作した作品を展覧し、表彰する、日本で類を見ない形式の国際コンペティションです。
2020年度中に実施した公募にエントリーした41件の企業等と111件の作品プランの中から、有識者による審査会によって、11組のアーティストと企業等の組合せが選抜されました。 
2022年1月末から開催する展覧会において、11組が「アート×サイエンス・テクノロジー」の可能性を体現することを目指し制作した作品が展覧されます。
当チームリーダー市橋泰範はアーティストである川松康徳氏に素材や知見を提供することで制作過程に関わります。
領域横断的な実践によって創作される新たな芸術作品に期待が寄せられています。
STEAM Dialogueとしてコラボレーションの過程や出品作品などについて両者が語る動画が公開されました。

KYOTO STEAM2022 国際アートコンペティション リンク先:
https://kyoto-steam.com/program/event01/video/

サポートスタッフ
久野 智美
Satomi Kuno