コラム

共生、寄生、再生について発生学の視点で考えてみた。Frontiers in Plant Science誌に総説論文が掲載されました

植物は固着性の生物のため、体を作り変えながら環境に柔軟に対応しております。このような現象は、発生学的リプログラミング(developmental reprogramming)と呼ばれております。今回私たちは、根粒共生、寄…

コメントなし

農業生態系のデジタル化に成功!PNAS誌に論文が掲載されました

私たちは、農業生態系における植物-微生物-土壌の複雑なネットワークのデジタル化に成功し、これまでは熟練農家の経験として伝承されてきた高度な作物生産技術を科学的に可視化できるようになりました。 本研究成果は、化学肥料に頼ら…

コメントなし

チームリーダーがSMART AGRIのインタビューを受けました

「菌根菌」とタッグを組む新しい農法とは? 〜理化学研究所 市橋泰範氏 前編 https://smartagri-jp.com/smartagri/1102 「アーバスキュラー菌根菌」とは何者か?〜理化学研究所 市橋泰範氏…

コメントなし

チームリーダーが世界文化理事会の特別顕彰を受賞しました

受賞の記事はこちら: https://ja.brc.riken.jp/news/report_20191031_01.html チームリーダー 市橋 泰範 Yasunori Ichihashi

コメントなし

一般公開2019にて、共生の未来について考えてみた

未来の環境や食について今、様々な研究や予測がされているけど、実際は未来になってみないとわからない。でもわからないからこそ「未来が、こうなったらいいんじゃないだろうか?」って言うような希望を考えておく必要があるんじゃないか…

コメントなし

アーバスキュラー菌根菌とは?

菌根菌は大きく分けて7種類(人によっては8種類)います。それで私たちが扱うのはその中で最もメジャーなアーバスキュラー菌根菌(以下、AM菌)というタイプの菌根菌です。現在、AM菌は316種類ほどいると見積もられていています…

コメントなし

チームビルディング

2018年4月に設立した植物微生物共生研究開発チーム、半年以上経ってようやくwebサイトも開始です。ここまで来るまで、とてもとても大変でした。初めての連続で、決めることが多くて、チームメンバーと毎日相談して、色んな人々に…

コメントなし

チームリーダー がiSYMのインタビューを受けました

インタビュー記事はこちら: https://www.yokohama.riken.jp/isym/newsletter/yi.html#DrIchihashi_interview iSYMのウェブサイトはこちら: htt…

コメントなし